指導がきめ細やかだった福岡の予備校で医学部合格の夢を実現

厳しいことで有名な予備校に通うことにした

物心ついた時からとても好奇心の強い子供だった : 厳しいことで有名な予備校に通うことにした : がむしゃらに努力することの大切さを学んだ

けれど進学校ということもあり、同じく医師を目指しながら自分より成績が良い同級生はたくさんいました。
高校進学後は塾にも通っていましたが、思うように成績は上がりませんでした。
大好きなテニスの部活動にも参加していたとはいえ、中学校まではちょっと勉強すると成績はぐんぐん上がりましたが、高校ではそうはいきません。
更に全科目高得点が求められる医学部合格レベルの成績を維持し続けるということは並大抵のことではありません。
そうして自信が持てないままセンター試験と国立大学医学部の二次試験を受けましたが、合格レベルに達していない実力では最難関の入試は突破することが出来ませんでした。
医師になる夢も諦めて、同じ医療系でも違う道を考えようかとも思いましたが、医師になる夢を追いかけるように励ましてくれたのは両親でした。
幼い頃から人体に強い興味を持っていたことを一番理解していてくれたので、浪人することを許してくれたのです。
そんな両親の気持ちに応えるためにも、必ず1年で合格することを誓いました。
そのため福岡で厳しいことで有名な予備校に通うことにしました。
厳しいだけではなく、医学部合格者も多かったことも決め手です。

医学部 予備校 福岡 / 医学部予備校なら、九州・福岡の全寮制予備校 【太宰府アカデミー】