自宅でレーザー脱毛

自宅でレーザー脱毛をする方法と、医療機関やエステサロンで、むだ毛処理をする方法があります。
自宅でレーザー脱毛する人には、むだ毛の脱毛を行う医療機関やエステサロンが近くにない人が多いようです。

医療機関やエステサロンでの脱毛も、自宅でレーザー脱毛する場合でも、むだ毛処理の回数は1回では終わりません。
年齢や部位によっても異なりますが、医療機関やエステサロンでも5回以上はむだ毛脱毛のために通う必要があります。
医療機関やエステサロンに通うのが困難な人は、自宅でレーザー脱毛を考えた方が良さそうです。

自宅でレーザー脱毛する場合、太くて濃い毛を脱毛します。
うぶ毛や栗毛や白髪は、レーザー照射による脱毛は出来ません。

自宅でレーザー脱毛するときは、毛周期のサイクルを考慮して脱毛を行います。
体毛の1本1本に毛周期があり、その毛周期は全て異なります。
毛周期には成長期・退行期・休止期があります。

ワキ・Vライン・手・足の部位は同じでも、1本1本の毛周期(成長期・退行期・休止期)は異なります。
毛周期(成長期・退行期・休止期)があることから、同じ部位を何度もレーザー照射して脱毛することになります。
自宅でレーザー脱毛する場合も、医療機関やエステサロンで脱毛する場合も、複数回レーザー照射をします。

自宅でレーザー脱毛器を使う

自宅でレーザー脱毛を行う時には、家庭用レーザー脱毛器を使用します。
レーザー脱毛器の価格はどの程度でしょうか?
エステサロンで使用されているレーザー脱毛器で300万~800万円程度。
医療機関で使用されているレーザー脱毛器は1000万円以上するそうです。

自宅でレーザー脱毛を行うときに使用する、家庭用レーザー脱毛器でも数万~数十万円程度はします。
性能によって価格も異なるようですが、効果が分からない段階で数十万円も投資するのには勇気が必要ですね。

自宅でレーザー脱毛をする為に家庭用レーザー脱毛器を購入する時は、性能と効果と価格をシッカリ確かめてからにしましょう。


自宅でレーザー脱毛のポイント

自宅でレーザー脱毛する人も、医療機関やエステサロンでむだ毛を処理する場合も、毛周期のサイクルにより複数回の脱毛が必要になります。家庭用脱毛器でむだ毛を処理する時は、毛周期(成長期・退行期・休止期)を考えて効率的に行いましょう。


ページのトップへ▲

目的別で選ぶ
ヒゲ脱毛可能な脱毛器
フラッシュ式脱毛器人気ランキング
レーザー脱毛器人気ランキング
デリケートゾーンの脱毛もOK!肌にやさしい脱毛器
照射面積が広い脱毛器
携帯OK!コードレスタイプ脱毛器
敏感肌OK除毛ジェル・ローション
男性向け除毛クリーム・ローション
女性向け除毛クリーム・ローション
子供OK脱毛クリーム・ローション
自宅で可能なレーザー脱毛器
フラッシュ式脱毛器のイーモ (emo)
脱毛器のセンスエピ・(Sensepil)
脱毛器のノーノーヘア (no!no!HAIR)
レーザー脱毛器のトリア(TRIA)ビューティー
レーザー脱毛器とシルキン
レーザー脱毛器とクラリスフラッシュ
脱毛クリーム・ジェル
コントロールジェルME
パイナップル豆乳除毛クリーム
パイナップル豆乳ローション
ネオ豆乳ローション
プレミアムアフターシェイブローション
ゼロファクター
プレミアムビューティースキン
医療レーザー脱毛クリニック
品川美容外科の医療レーザー脱毛
脱毛コラム
レーザー脱毛と毛周期
妊娠中のレーザー脱毛
レーザー脱毛の回数
自宅でレーザー脱毛
フラッシュ脱毛
フラッシュ脱毛とレーザー脱毛の違い、メリット・デメリット
エステかクリニックの脱毛の違い、メリット、デメリット
レーザー脱毛と光脱毛
レーザー脱毛のサロン選び方
デリケートゾーン(V・I・O)のレーザー脱毛
男性のレーザー脱毛
ヒゲの永久脱毛
脱毛と色素沈着
照射面積と脱毛


キャッシュ使用

CSS