照射面積と脱毛

照射面積と脱毛本数は、脱毛方法により異なります。
一般的に良く知られている「むだ毛」の脱毛処理方法は3種類あります。
レーザー脱毛と光脱毛とニードル(針)脱毛です。

レーザー脱毛と光脱毛は、照射面積と脱毛本数が異なります。
ニードル(針)脱毛は、「むだ毛」処理を1本ずつ行う方法です。

レーザー脱毛とは、医療機関(美容外科・皮膚科)などで、医療用のレーザー機器を用いて行う「むだ毛」の脱毛処理方法です。
照射面積と脱毛本数は、施術を行う部位・毛質・肌質・毛深さによって異なります。

光脱毛は、フラッシュ脱毛やプラズマ脱毛他いろいろな名称がついています。
光脱毛も基本的には医療機関(美容外科・皮膚科)で施術を行います。
光脱毛(フラッシュ脱毛・プラズマ脱毛)の照射面積と脱毛本数は、施術を行う部位・毛質・肌質・毛深さによって異なります。

次に、レーザー脱毛と光脱毛(フラッシュ脱毛・プラズマ脱毛)の照射面積と脱毛本数・痛み・施術時間・終了回数などを紹介します。

レーザー脱毛の照射面積と脱毛本数(1)
医療用レーザーを使用した、医療機関(美容外科・皮膚科)での「むだ毛」脱毛処理は、1回当り1~30本程度です。
照射面積と脱毛本数は、肌質・毛質・毛深さ・部位により異なります。

光脱毛(フラッシュ脱毛・プラズマ脱毛など)の照射面積と脱毛本数(2)
フラッシュ脱毛やプラズマ脱毛と呼ばれる光脱毛を医療機関(美容外科・皮膚科)で行った場合は、1回当り80~120本程度です。
照射面積と脱毛本数は、肌質・毛質・毛深さ。部位により異なります。

レーザー脱毛の施術時間(3)
両ワキの場合、30分程度の施術時間が必要になります。

光脱毛(フラッシュ脱毛・プラズマ脱毛)の施術時間(4)
両ワキの場合、5分程度の施術時間が必要になります。

レーザー脱毛の施術回数(5)
毛周期を考慮すると2~3ヶ月に1回の照射になります。
終了までの照射期間は約2年間です。
短くても5回の施術回数が必要だといわれています。

光脱毛(フラッシュ脱毛・プラズマ脱毛)の施術回数(6)
レーザー脱毛と同じ程度の施術回数になります。
毛周期を考慮すると2~3ヶ月に1回の照射になります。
終了までの照射期間は約2年間です。
短くても5回の施術回数が必要だといわれています。

照射面積と脱毛本数、そして施術回数は脱毛費用に関係しています。
施術前によく確認することが大切です。

照射面積と脱毛のポイント

照射面積と脱毛本数は、レーザー脱毛と光脱毛(フラッシュ脱毛・プラズマ脱毛)で異なります。「むだ毛」の脱毛処理を行っている医療機関(美容外科・皮膚科など)で、確認・納得してから施術をしましょう。


ページのトップへ▲

目的別で選ぶ
ヒゲ脱毛可能な脱毛器
フラッシュ式脱毛器人気ランキング
レーザー脱毛器人気ランキング
デリケートゾーンの脱毛もOK!肌にやさしい脱毛器
照射面積が広い脱毛器
携帯OK!コードレスタイプ脱毛器
敏感肌OK除毛ジェル・ローション
男性向け除毛クリーム・ローション
女性向け除毛クリーム・ローション
子供OK脱毛クリーム・ローション
自宅で可能なレーザー脱毛器
フラッシュ式脱毛器のイーモ (emo)
脱毛器のセンスエピ・(Sensepil)
脱毛器のノーノーヘア (no!no!HAIR)
レーザー脱毛器のトリア(TRIA)ビューティー
レーザー脱毛器とシルキン
レーザー脱毛器とクラリスフラッシュ
脱毛クリーム・ジェル
コントロールジェルME
パイナップル豆乳除毛クリーム
パイナップル豆乳ローション
ネオ豆乳ローション
プレミアムアフターシェイブローション
ゼロファクター
プレミアムビューティースキン
医療レーザー脱毛クリニック
品川美容外科の医療レーザー脱毛
脱毛コラム
レーザー脱毛と毛周期
妊娠中のレーザー脱毛
レーザー脱毛の回数
自宅でレーザー脱毛
フラッシュ脱毛
フラッシュ脱毛とレーザー脱毛の違い、メリット・デメリット
エステかクリニックの脱毛の違い、メリット、デメリット
レーザー脱毛と光脱毛
レーザー脱毛のサロン選び方
デリケートゾーン(V・I・O)のレーザー脱毛
男性のレーザー脱毛
ヒゲの永久脱毛
脱毛と色素沈着
照射面積と脱毛


キャッシュ使用

CSS