妊娠中のレーザー脱毛

妊娠中にレーザー脱毛治療をすると、女性の体へ悪影響があるのでしょうか?

妊娠している期間は、レーザー治療を中止される病院も多いようです。
しかし、妊娠中にレーザー脱毛を行っても、体への悪影響があるわけではありません。

妊娠中にレーザー脱毛を行っても、基本的に問題は無いとされています。
その為、妊娠中であることを知らないでレーザー脱毛治療を行っても赤ちゃんへの悪影響は考えられません。

次に、妊娠中とレーザー脱毛について病院の考えを紹介します。

(1)妊娠中にレーザー脱毛を受けられるか?
レーザー光が、お腹の赤ちゃんに悪影響を与えることはありません。
病院で、妊娠中のレーザー脱毛治療を避ける理由は、ときどき毛穴に炎症を起こすことがあるためです。

毛穴に炎症を起こした場合、化膿止めの内服薬を使います。
病院から処方される化膿止めの内服薬が、お腹の赤ちゃんに影響があるかもしれません。
その為、病院では妊娠中のレーザー脱毛を中断する場合もあります。

(2)レーザー照射による脱毛治療中に赤ちゃんが出来た時は?
病院の脱毛治療方針や脱毛治療を受けている女性の状況によって異なります。
一般的には、妊娠中はレーザー脱毛を中断するケースが多いようです。

レーザー照射が、お腹の赤ちゃんに悪影響を与えることはありませんが、毛穴の炎症を考慮して中断されます。

妊娠中のレーザー脱毛とホルモン

妊娠中にはレーザー脱毛を中断する病院が多いようです。
毛穴が炎症を起こした場合、化膿止めなどの内服薬が必要になることがあります。
内服薬による胎児への悪影響を考慮して、妊娠中のレーザー脱毛は中断されます。

もう一つの理由は、女性ホルモンの変化です。
お腹に赤ちゃんができると、女性ホルモンのバランスが変化します。

女性ホルモンの変化により、毛深くなるのが一般的です。
女性ホルモンのバランスが変化した妊娠中にレーザー脱毛を行っても効率が悪くなります。
出産して女性ホルモンのバランスが正常化してから、脱毛治療をする方が適切です。

妊娠中のレーザー脱毛のポイント

妊娠中にはレーザー脱毛を中断する病院が一般的です。毛穴が炎症を起こした場合、化膿止めなどの内服薬が処方されます。内服薬による体への悪影響を考慮して、脱毛治療が中断されるようです。レーザー脱毛は、女性ホルモンバランスが正常の時が適切です。


ページのトップへ▲

目的別で選ぶ
ヒゲ脱毛可能な脱毛器
フラッシュ式脱毛器人気ランキング
レーザー脱毛器人気ランキング
デリケートゾーンの脱毛もOK!肌にやさしい脱毛器
照射面積が広い脱毛器
携帯OK!コードレスタイプ脱毛器
敏感肌OK除毛ジェル・ローション
男性向け除毛クリーム・ローション
女性向け除毛クリーム・ローション
子供OK脱毛クリーム・ローション
自宅で可能なレーザー脱毛器
フラッシュ式脱毛器のイーモ (emo)
脱毛器のセンスエピ・(Sensepil)
脱毛器のノーノーヘア (no!no!HAIR)
レーザー脱毛器のトリア(TRIA)ビューティー
レーザー脱毛器とシルキン
レーザー脱毛器とクラリスフラッシュ
脱毛クリーム・ジェル
コントロールジェルME
パイナップル豆乳除毛クリーム
パイナップル豆乳ローション
ネオ豆乳ローション
プレミアムアフターシェイブローション
ゼロファクター
プレミアムビューティースキン
医療レーザー脱毛クリニック
品川美容外科の医療レーザー脱毛
脱毛コラム
レーザー脱毛と毛周期
妊娠中のレーザー脱毛
レーザー脱毛の回数
自宅でレーザー脱毛
フラッシュ脱毛
フラッシュ脱毛とレーザー脱毛の違い、メリット・デメリット
エステかクリニックの脱毛の違い、メリット、デメリット
レーザー脱毛と光脱毛
レーザー脱毛のサロン選び方
デリケートゾーン(V・I・O)のレーザー脱毛
男性のレーザー脱毛
ヒゲの永久脱毛
脱毛と色素沈着
照射面積と脱毛


キャッシュ使用

CSS