レーザー脱毛と毛周期

レーザー脱毛と毛周期には、深い関係があります。
レーザー脱毛は、毛周期のサイクルを考慮して行われます。

レーザー脱毛では、毛周期の成長期・退行期・休止期の3つのサイクルを考えながら脱毛治療が進められます。
その為、1回の施術で脱毛が完了することはありません。

レーザー脱毛は、毛の種類や毛周期の違いにより脱毛治療の間隔や回数が異なります。
年齢によっても脱毛治療回数は異なります。
一般的に10~20歳代の人は、脱毛治療の回数が多くなります。
40歳代以降の人は、脱毛治療の回数が少なくなるのが一般的です。

うぶ毛のレーザー脱毛は、毛周期とは関係なく困難です。
うぶ毛だけでなく栗毛や白髪などメラニンが少ない毛は、レーザー脱毛(毛周期とは関係なく)には適しません。
うぶ毛や栗毛や白髪にレーザー照射しても充分な熱が出ないために、毛穴の破壊が出来ないことが理由です。

レーザー脱毛(毛の種類・毛周期を考慮した)に適した毛と体の部位を紹介します。
(1)ワキの太い毛は脱毛治療に適しています。
(2)Vラインの太い毛は、レーザー照射による脱毛治療に適しています。
(3)手や足の濃くて太い毛は、レーザーを使用した脱毛治療に適しています。

手や足の毛が細い場合は、太く濃くなるのを待ってからレーザー脱毛(毛周期を考慮した)を行うと効果的です。

レーザー脱毛と毛周期(成長期・退行期・休止期)

レーザー脱毛では、毛周期(成長期・退行期・休止期)のサイクルを考えて脱毛治療が行われます。
レーザー脱毛は毛周期のサイクルを考えて行う為に、複数回行います。

毛の成長期には、成長前期と成長後期があります。
毛の成長前期とは、毛母細胞の分裂が始まり、毛の成長が始まる段階です。
毛の成長後期とは、毛母細胞の分裂が活発になって毛が表皮に伸びている状態を言います。

退行期とは、毛の成長段階を終えて、毛が抜けるまでの状態を言います。
休止期とは、毛が抜けてから再び成長するまでの期間です。

全ての毛は成長期・退行期・休止期のサイクルが異なります。
レーザー脱毛(毛周期を考慮した)では、成長期に脱毛治療するのが最も効率が良いとされています。
レーザー脱毛と毛周期は深い関係がありますね。


レーザー脱毛と毛周期のポイント

レーザー脱毛では毛周期を考慮して、脱毛治療が行われます。年齢や部位の毛の成長期・退行期・休止期のサイクルの違いで、脱毛治療の回数も異なります。うぶ毛よりも太く濃い毛が効率よく脱毛できます。


ページのトップへ▲

目的別で選ぶ
ヒゲ脱毛可能な脱毛器
フラッシュ式脱毛器人気ランキング
レーザー脱毛器人気ランキング
デリケートゾーンの脱毛もOK!肌にやさしい脱毛器
照射面積が広い脱毛器
携帯OK!コードレスタイプ脱毛器
敏感肌OK除毛ジェル・ローション
男性向け除毛クリーム・ローション
女性向け除毛クリーム・ローション
子供OK脱毛クリーム・ローション
自宅で可能なレーザー脱毛器
フラッシュ式脱毛器のイーモ (emo)
脱毛器のセンスエピ・(Sensepil)
脱毛器のノーノーヘア (no!no!HAIR)
レーザー脱毛器のトリア(TRIA)ビューティー
レーザー脱毛器とシルキン
レーザー脱毛器とクラリスフラッシュ
脱毛クリーム・ジェル
コントロールジェルME
パイナップル豆乳除毛クリーム
パイナップル豆乳ローション
ネオ豆乳ローション
プレミアムアフターシェイブローション
ゼロファクター
プレミアムビューティースキン
医療レーザー脱毛クリニック
品川美容外科の医療レーザー脱毛
脱毛コラム
レーザー脱毛と毛周期
妊娠中のレーザー脱毛
レーザー脱毛の回数
自宅でレーザー脱毛
フラッシュ脱毛
フラッシュ脱毛とレーザー脱毛の違い、メリット・デメリット
エステかクリニックの脱毛の違い、メリット、デメリット
レーザー脱毛と光脱毛
レーザー脱毛のサロン選び方
デリケートゾーン(V・I・O)のレーザー脱毛
男性のレーザー脱毛
ヒゲの永久脱毛
脱毛と色素沈着
照射面積と脱毛


キャッシュ使用

CSS